Your address will show here +01 (414) 230 - 5550
DR Prophet®とは?

DR Prophet®は、ミッション・クリティカルなアプリケーション・サーバ向けのビジネス継続性とデザスター・リカバリ(BCP/DR)を実現する、ローカル/リモートのブロックレベル・バックアップ・サービスのリューションです。DR Prophet®は、今日のチャレンジャブルなビジネス・オペレーションで要求される細かなRecovery Time Objective(RTO)とRecovery Point Objective(RPO)に適合するユーザー指定のスケジュール・スナップショットによって全てのディスクをバックアップします。 従来の失敗を起こしやすい日に一度のテープ・バックアップ方法を捨て去り、DR Prophet®はローカル/リモートのディスク-レベル保護を、統合された費用効果の高いソリューションとして提供します。 DR Prophet®は、Point-In-Timeスナップショット・ベースの障害から素早くリカバリーし、速やかにローカル若しくはリモートのDRサイトからであろうと通常のビジネス・オペレーションに復旧する事を、企業に提供します。

DR Prophet® in a glimpse!


Architecture

DR Prophet®は、ローカル・データ保護(BCP)と遠隔リプリケーション(DR)の両方を提供します。本番サイトでは、ローカル・ストレージ・サーバ上のそれぞれの保護ディスクにシン・プロビジョニングのミラー・ボリューム(SANミラー)を生成します。アプリケーション・サーバ上で稼働するアプリケーション認知エージェントは、ミラー・データの一貫性と完全性を保証します。スナップショットやDRリハーサルのような処理に関連する全ての連続するバックアップやデザスター・リカバリーは、本番システムのいかなるパフォーマンスにインパクトを与えずに実行されます。 DR Prophet®はまた、DRサイトでSANミラーのブロック・レベル遠隔レプリカ(リモート・レプリカ)を作成します。インターネット越しの全てのIPトラフィックは、全てデータ圧縮、2重化、暗号化と共にWANに最適化されます。DRサイトで稼働するDR Prophet®のインスタンスは、スナップショットを取り、本番サイトから全く独立した遠隔レプリカに対してDRリハーサルを実行します。

  • Text Hover

また、このアーキテクチャーは本番サイトの構成の完全なコピーであるスタンドバイ・サーバーのセットを含みます。本番サイトの致命的な障害の場合、DRサイト上でこれらのスタンドバイ・サーバーと遠隔レプリカのデータを使って、ビジネス・オペレーションは素早く復旧します。

DR Prophet® Client Agents

アプリケーション・サーバの保護のために、DR Prophet®のクライアントはディスク・アクティビティのモニターとミラー・ディスクに対する2重化処理を要求します。 エージェントもまた、DR Prophet®のマネージメント・サーバとアプリケーション・サーバと協力して、データの正確性とスナップショットの一貫性を保証します。さらにまた、クライアント・エージェントは、重要なアプリケーションのパフォーマンス・データとシステム・ヘルス情報をモニターしパフォーマンス・チューニングする為に収集します。DR Prophet®エージェントは、IP-SANベースのファイバー・チャネルとiSCSI共に互換性があります。 VMwareのVMとして稼働するアプリケーション・サーバに関しては、アプリケーションとゲストOSを含みDR Prophet® vSphere Moduleが直接ネイティブなVMwareのAPIを経由してスナップショット処理を制御するので、特別なクライアント・エージェントは必要ありません。 

Key Features


自動保護構成

DR Prophet®は、AIX, Windows, VMware vSphereのアプリケーション・サーバ上のデータの保護の為に、最低限の人的操作で複雑な構成処理を知的に実行する事が出来ます。保護は、事前定義されたポリシーとパフォーマンス要求に従ってセットアップされます。それは、ヒューマンエラーの予防と重要なデータを正しく保護する事を保証します。

VMWareの保護とリカバリー (DR Prophet® vSphere Module)

1. クライアント・エージェント不要 2. LANのサポート 3. VMware native APIのサポート 4. Flexvisor®インテグレーション 5. リストア後のvSphere 上VMのBootable backup

対故障性ミラー・ディスクとローカル保護

システム障害の第1次防衛ラインとしてDR Prophet®は、ローカル・バックアップ・ストレージ・サーバ上の保護データを提供します。全てのディスク・オペレーションに関連するデータ保護は、本番システム上で何のワークロード無しに、ストレージ・サーバのミラー・ディスクに対して実行されます。

WANに最適化された遠隔レプリケーション

ローカル・ミラー・バックアップに加えて、遠隔レプリケーションはローカル・データを遠隔のDRサイトに転送するスケジュールを立てることが出来ます。WANに最適化されたレプリケーションは、時間と帯域消費をセーブする為に変更データのみを送信します、また、レプリケーションの圧縮と暗号化を完全サポートします。

WindowsエージェントのI/O調整機能

ユーザーは、本番環境のI/Oトラフィックに影響を与えないように、過剰なバックアップやリストア処理に対して、DR Prophet®マネージメント・サーバで手動にて帯域の制限を設定出来ます。

アプリケーション認知データ保護

データの完全性とスナップショットの一貫性を担保する為に、DR Prophet®はシステム・ステータスとアプリケーション・ステータスを収集する為にアプリケーション・サーバ上で軽量なエージェントを稼働させます。それは、システム構成の変更をトレースし続け、Microsoft SQL Server, Oracle Messaging Server, Microsoft Exchange Serverの様な稼働中のアプリケーションと対話し、マルチプル・ストレージ・ボリュームであろうとトランザクション・データの完全性を保証します。

データ保護の為のスナップショットとインスタント・リカバリー

DR Prophet®は、1024ものサイクル、スケジュール若しくはオンデマンドで、ボリュームのPoint-In-Time状態を維持するためにLUN(論理ユニット)単位にデルタ・スナップショット(増分スナップショット)を生成します。これは、本番システムのWrite I/Oのインパクトを避ける為にDirect-On-Write(DOT)テクノロジーをフィーチャーします。Copy-On-Write(COT)とは違い、DOTはスナップショット・データを確保する為に一切のPre-Allocate Disk Spaceを要求しません。スナップショットViewer機能は、オリジナルのデータセットの活動に影響を与えずに、同時の独立した処理のためにRead/Writeアクセスと共に主要なアプリケーション・サーバが追加のサーバをアサイン出来る様なアクティブなデータセットの仮想コピーを複数、瞬時に管理者に作成させることが出来ます。

Windowsデザスター・リカバリーの為のサイトのフェイルバック

物理的なWindowsサーバはサイト障害によって利用出来なくなる時、リモート・レプリカのスナップショットはDRサイトに於いてスペアのアプリケーション・サーバをマウント要請します。本番サイトのリカバリーでは、オペレータはDRサイトで何れのスナップショットでも選択出来、フェイルバック再生により本番サーバをリストアします。

スムースなDRリハーサル

DR リハーサルは、本番サーバに追加のI/Oアクティビティを加えることなくストレージ・サーバのミラーLUN上で何時でも実行出来ます。システムは、自動化された検証とマウントプロセスにより、既知の正常なスナップショットからリカバリーされます。

集中管理とレポート

DR Prophet®のWebコンソールは、複数のアプリケーション・サーバとストレージ・サーバを管理する為にマネージメント・サーバによって提供されるユーザ・フレンドリーなグラフィカル・ユーザ・インターフェイスです。この管理「ダッシュボード」を通して、システム管理者は、保護関係や、パフォーマンス、レプリケーション・ステータス、バックアップ・スケジュール、システム・イベント等の重要なシステム情報の明快なビューを手に入れることが出来ます。また、システム分析、トラブル・シューティング、パフォーマンス・チューニング、記録若しくはメインテナンスのために、詳細なレポートを手に入れることが出来ます。